<   2004年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

託児料金を考える!

最近、ホームページを公開している方にも、そうでない方でも、我が家のようにペットを自宅であずかるペットホテルが増えてきました。我が家のことを知って始めた方もいれば、独自に夢を描いて営業している人もいらっしゃるようです。
そんな同業のみなさんが、預かりの料金を決めた時には、私がそうだったように、他のペットホテルの料金など市場調査したことだと思います。

貧乏育ちのかぶこが料金を決める時に真っ先に考えたのは、「お客様のためにできるだけ安くしたい。」でした。

同業他社(他者だな)がいる中で、同じ事業で後発する時には、先駆者のノウハウを真似ればいいと言う楽な部分と、更に良いサービスを考えてから開業できる猶予があります。
いよいよ開業し、お客様を獲得するための訴求に「サービスが他よりよくて料金が安い」と言うのはたいへんな魅力です。私も開業当初は今より料金が安く、時間延長料金やこまごました追加料金の設定はしていませんでした。その頃泊まったお客様でかなりラッキーだった方もいらっしゃいます。(ラッキーだった方、つまりかぶこが非常に苦労したお客様と言うことでもあります。(^^;)

さて、では料金を考える時、これは預かるシッターさんにとって自分の労働に対する「対価」ですね。1泊2,500円のワンちゃんが1ヶ月泊まってくれると、30泊として75,000円。お支払いするお客様にとっては安い金額ではない、とかぶこは思います。かぶこがお客様の立場なら、いかにしてこの金額が安く済むかをあれこれ考え、調べ尽くすに違いありません。しかし、私にとってにとって、また自分の愛犬愛猫にとっては安ければいいと言うわけでもありません。預けるのは自分の大事な家族。倉庫に物を預けるのとは訳が違います。そこで、環境や預かってくれる人を見て、内容と料金のバランスが納得行けば、お金の工面を考えるでしょう。

では、反対に預かる立場としての料金。30日泊まってくれる方は大変な高額のお客様です。が、30日連続、自分は思い立って1泊旅行にも行けません。せいぜい出かけても2~3時間の買い物程度でしょうか。この拘束による閉塞感は皆様の想像以上だと思います。(同業者さん、いかがでしょう?)
自宅預かりに多い「自分の愛犬と同じように預かる」と言う謳い文句がありますが、責任の重さは自分の犬以上に重くのしかかるのですから、気の使い方は自分の愛犬以上です。自宅預かりの方で、一匹(もしくは1家族)しか預からないという方もいらっしゃるようです。そうすると、その方にとっては1ヶ月の収入は犬の大きさにもよるでしょうが最高でも75,000円から120,000円程度と言うことになります。私は声を大にして言いますが、お客様にとっては、これほどよい預かり先はないでしょう。自分の犬だけをじっくり世話してくれる個人の家庭。そして、預かる方も7~10万程度の収入からワンちゃんが汚した物や壊したものを買い換える程度の経費で済むならそれでいいのです、と言ってくれるシッターさんの存在。
ただし、そう言う方は派手な宣伝はしていません。何せ、1組で一杯なので断る数の方が多くなってしまいます。また、あれこれ物を壊したり、生活に支障が出るワンちゃんは断られてしまうでしょう。(でも、何か事故が起こった時の事は事前にしっかり確認しておきましょうね。万が一、趣味で預かっただけ・・・と、何の責任も感じてくれない人だったら大変です)

かぶこはそれよりもう少し商売っ気があります。派手な宣伝はしていませんが預かりの数も繁忙期だと犬猫合わせて10組くらいになることがあります。(その際、猫ちゃんには実家の部屋を使う場合もあります。)ヒマな時は稀にお泊りゼロの日もありますが。
 しかし、たった一泊しかしなかったワンちゃんが1万円以上の電気製品のコードを噛み切ったとか、張りたての床材を破ってはがしてしまったとか、物理的な損害が出ることも時々あります。そのお客様から頂けるのは追加項目にある破壊料金1,500円までです。赤字の分は他のワンちゃんから上がる利益で何とかやりくりしていますが、夜も眠れず疲労困憊の日が何日か続いたりした時は、「対価」に納得できないと仕事を続けて行く気力が生まれません。
例えば夜も吠えがちな子が1泊だけ泊まって2,500円いただきます。1日で考えると1,250円。アルバイトの時給で考えると約4時間分程度・・・・・・。預かり中ずっと緊張感が続き、夜もぐっすり眠れなくても2,500円。う~ん、私の労働力ってそんなもんなの!?と思った時、でも3,000円だと頑張れる、と思ったことから添い寝料金が500円に決まったりしたのです。そんなことがあって、料金の改定や追加項目ができてきました。それでも、未だに「手のかからない子は出きるだけ安く」しているつもりですし、料金以上の仕事をしていきたいと思っています。

大抵の自宅預かりのところは、うちより少々お値段がお高いようですが、繁忙期や休日でも2~3頭までの少ない数をじっくりお世話するのでしたら、お客様がそれを選ぶのは妥当な事だと思います。我が家はそんな「もっといいところ」が満室だった時に選んでくださればそれで嬉しいですし、うちの環境で十分満足だと思ってくださる方も尚嬉しいです。

さて、お読みになった皆様は我が家の料金をどう考えてくださるでしょう。
[PR]

by kabco | 2004-04-15 00:00 | エッセイ